鼓門の下でバスを待つ少女

投稿日: コメントするカテゴリー: 水彩画

金沢には「弁当忘れても傘忘れるな」と言う格言があります。
雨の日が多いという意味ではなく、
朝は晴れていても途中で雨が振ったり、
また晴れたりと一日の天気が変わり易いという意味です。

金沢の玄関口である兼六園口には訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、
おもてなしの心を表わしたガラスの建造物「もてなしドーム」と
その正面には金沢で昔から盛んな伝統芸能の
鼓をイメージした「鼓門」が構えます。

その横には大きなバスターミナルがあり、
朝はサラリーマンもいますが学生たちでいっぱいです。

洋風の塀から覗く緑がとても美しい

投稿日: コメントするカテゴリー: 水彩画

金沢市広岡2丁目の民家の洋風の塀から覗く緑がとても美しくオシャレ。
直ぐ近所だが歩いてみないと見つけられない・・・

ネタ探しに歩いているとなかなか良いものに出会わないが
用事があって出かけると偶然に見つかることがも多い

急いでいてカメラを向けるゆとりが無い時に限って見つかるが・・・
2〜3日経ってから行くと花が枯れていたり・・・

もっと時間にゆとりを持って出かけると良いのだが
貧乏性は歳をとっても治らない・・・。

ムクゲ(木槿)の花

投稿日: コメントするカテゴリー: 水彩画

金沢の尾崎神社辺りを歩いていたら遠くに白い花が見える
近づいてみると、もくげのようだが芙蓉の花との見分けがつかない

帰って調べてみると正式にはムクゲ(木槿)で別名ハチス、もくげとも言うらしい
夏の暑い盛り子供の頃、近所にもあり
もくげの花と教えてもらった
多分ムクゲ(木槿)の花だろう

金沢駅西口人工池の睡蓮が満開!

投稿日: コメントするカテゴリー: 水彩画

よく行く金沢駅西口の人工池

睡蓮が満開、隣の蓮池も少しずつ咲き出しました。

コロナの影響で座っている人は少ないが

時々カメラを向けている人もいる。

金沢はこのところ感染者ゼロが続いていますが、

東京では、今日 224人、終息にはまだまだ遠いが

皆さんお気をつけください。

金沢城 鶴丸倉庫の格子窓

投稿日: コメントするカテゴリー: 水彩画

金沢城 鶴丸倉庫の格子の窓にサクラを足してみました。
鶴丸倉庫は、金沢城本丸の北側に、嘉永元年(1848)に建築された大型土蔵で、
城郭内に残っている土蔵としては国内最大級。
土蔵造2階建、切妻造、桟瓦葺で、もとは武具土蔵として建てられました。
石川門・三十間長屋と同様に重要文化財に指定されています。